新型コロナウィルス予防10箇条(私見)

前回の投稿文を考慮し独断と偏見で自分でできる予防法を10箇条にまとめてみました。 新型コロナウイルス予防には以下の10箇条を守るといいと思います。 1 努めて集会、人混みを避ける(菌源に近づかない)  2 マイめがね (目の飛沫感染対策:防塵、花粉症用がベター) 3 マイマスク (鼻、口の飛沫感染対策) 4 マイ石…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスにとって武漢、韓国、イタリアと同じ温度環境にある日本

「コロナウイルス感染発生者数と最高気温の関係」  コロナウイルス関連で予防法について投稿したため投稿記事内容、特にウイルスと気温の関係を検証してみることにした。  中国を除く感染主要国について、1月30日と2月25日の患者発生数とその発生国の主要都市の最高気温との関係をグラフにしてみた。1月30日…

続きを読むread more

米国研究者から寄せられた新型コロナウィルス予防法

武漢研究所に派遣される米国無限肺炎ウィルス研究者「クァク·グヨン氏」の友人から得た情報を要約、個人的意見(※)を追記したものです。確認は取れていませんが有用だと思うのでご紹介します。 新型コロナウイルスの特性と予防法 1 ウィルスは26~27℃で死滅、熱に弱い① 温かい飲み物を飲む、ぬるま湯を持ち歩いて飲む② 冷たい飲み物は厳禁 ※…
コメント:0

続きを読むread more

電動自転車の海外持ち出しの難しさ

1 最近電動アシストスポーツバイク  最近、ママチャリの主流となった電動自転車にスポーツバイクが加わるようになった。2年前スペインのフランス人の道を自転車で走っているときご英国の夫婦が電動自転車でサイクリングを楽しまれている姿に接した。いつか自分もと思ったのだ。それで電動自転車を飛行機輪行で海外に持ち出せるか検討してみることにした…
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 雑感

 10日間のトルコ旅行を終えていくつか気になったことを書いておきたい。 1 トイレ事情  今回使用したホテルのトイレにシャワレットや暖房便座の備えはなかった。便器に座ったときヒンヤリする感覚は好きにはなれない。備え付けのトイレットペーパーは、新聞紙より柔らかいが少し固く、水になかなか溶けてくれなかった。試しに大便の水を3回流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月21日 トルコ旅行の感想

1 JTB10万9千円の「びっくりトルコ大周遊10日間」は、優秀な現地ガイドに恵まれ冬旅だったが、2倍の予算の旅以上に十分楽しめた。 2 トルコリラの急落、治安の安定を見込み申し込んだのだが、地方の物価は安く都市部のそれは高いという印象が残った。治安に不安は感じなかった。 3 トルコ人は日本が大好きなようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月19日 イスタンブール市内観光

   雨のイスタンブール  この日は0930といつもより遅くホテルを出発した。もちろん帰国のための荷造りを終えてからの話だ。小雨の中バスはトプカプ宮殿に向かった。  トプカプ宮殿はイスタンブール旧市街地が存在する半島の先端部分、ボスポラス海峡と金角湾を見下ろす位置に作られている。面積は世界の中で一番広く56万平方キロメートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月18日 イスタンブール市内観光

   海峡クルージング・ブルーモスク・アヤソフィア観光    朝から雨が降っている。0830にバスでホテルを出発しガラタ橋の西側にある船着き場に向かった。今日乗る観光船は定員が100人程度の大きさで、我々ツアー客が一人5千円だしてチャーターした形になっていた。(ネットによると乗合船だと5ドルくらい)シェームスさんが旅行会社と調整して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月17日 アイワルクからイスタンブールまで

   トロイ観光  我々を乗せたバスはアイワルクのホテルを0730に出発した。トロイまで約150キロのバスの旅だ。 ツアー客の退屈しのぎのためか、またシェームスさんのトルコの紹介が始まった。 「トルコの仕事の時間は午前中は8時から12時まで、午後は13時から17時までになっています。労働時間は1日8時間なのですが、残業がしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月16日 パムッカレからアイワルクまで

   トルコの名物は何でしょう  朝起きると雨が降っていた。やはりスケジュールを前倒しして昨夕ヒエラポリスと石灰棚を見たシェームスさんの判断は正解だった。バスは0700ルーカスリバーホテルを出発した。バスの中でシェームスさんの話が始まった。 「2車線の道路の最高速度は88キロになっています。高速道路は120キロです。あそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月15日 コンヤ観光のはずがトルコ授業に

   コンヤ観光のはずがトルコ授業に  12月14日0640、ウチヒサール カヤホ テルを出発した。今日は640キロあまりのバスで移動することになる。途中コンヤでインジェミナーレ神学校の前10分程度停まり写真撮影の機会を与えられる予定だ。長旅になるのを心配してかシェームスさんが、トルコについて語り始めた。  「私がガイドを始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月14日 カッパドキア

   絨毯売り込みの布石と商人魂        14日の朝は午前8時にバスはホテルを出発した。連泊なので荷物は持たなかった。まずギョレメの谷に向かった。バスがギョレメ野外博物館に到着した。だが門は閉まっていた。近くの見晴らしの良い場所で時間待ち臨時の写真タイムとなった。  ギョレメ野外博物館は洞窟住居を見学できる場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月13日 アンカラからカッパドキアまで

      カッパドキアまでのバス旅(ガイドさんの思惑を載せて)  みぞれの舞うアンカラは寒かった。だが、ホテルの暖房が効きすぎ汗をかき、のどが渇くので夜中に起きてバスタブにお湯を張って寝た。だが喧噪な繁華街のホテルだったのでときどき目覚めるのだった。朝起きると雪はやんでいた。12月13日0730、ホテルを出発し雪景色の中カッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月12日 イスタンブールからアンカラまで

   飛んで、飛んで、イスタンブールへ  ドーハを離陸し再び機上の人となって飛んでいます。トルコ人らしい男性が我々夫婦のために座席を移動してくれました。温かい配慮に感謝です。イラクの上空から雲が下界を覆うようになりました。真っ白な雲海は飛蚊症を持つ私にはつらい景色です。高度1万近くで飛んでいた飛行機は、徐々に高度を下げ、雲海の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりトルコ大周遊10日間 12月11日羽田からドーハまで

 9月の頃である。新聞の広告に「びっくりトルコ大周遊10日間」なるものでが出ていた。トルコは治安が悪いというと思うのが普通の日本人の感覚であろう。でも私は強権のエルドアン大統領が政権を握っているので、逆に不安を感じなくてすむと思っていた。直前にクーデターを先導したという疑いで拘束していた米国籍のイスラム教神父を解放し、サウジアラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単なスペイン料理 「トマテ レジェノス」

 スペイン単語帳の食べ物編に、トマテ レジェノス というのが出ていた。どんな食べ物かとウェブで調べてみるとトマトにツナなどの詰め物をしたものとあった。そこで自分で作ってみることにした。  最初は5センチ大のトマトを人数分、今回は4人分を準備する。使う材料は、ツナ缶1個、モッツァレッラチーズ、タマネギ1/2個、バジルの葉数枚、オリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン自転車巡礼2018-⑯ サンティアゴ巡礼報告会

 10月20日日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会主催による「サンティアゴ巡礼報告会」が下北沢タウンホールで開催されました。まずプログラムのタイトルを紹介します。    「フランス人の道自転車巡礼」    「スペイン巡礼1500km・50日の旅」    「巡礼者は幸いである」    「フランス人の道制覇を目指して」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more